メイン

トップページ 高校受験 大学受験 リンク

的確・受験NAVI  受験について

日本の大学教育
「近年における大学教育は、主に学術のみ中心として、さらなる広く知識を授けいれて、より一層深く深く専門分野の学芸を研究し、展開させることを目的としている」と定義されています。
この大学時代での学習及び経験が将来の可能性に大きく関わってくるのは安易に想像できるだろう。この時自分は何をしていたかを後に悔やむ学生も非常に多く、日本の大学の在り方を自分自身の問題と捉えずに、大学及び国単位の問題だと投げかける人も稀に存在するのも事実です。一般的には日本の大学は入るのが難しく、入った後はサークルにバイトにコンパと毎日が遊びほうけという話も良く耳にしますよね。海外ではまったくま逆であり、入学するのは簡単だが、卒業するまでが非常に難しく、入ってからが試練だと捉えてよいでしょう。そのためか、日本では大学入学後と比較して卒業後の方が学力が劣っているというのが現状です。逆に海外では、入学後は右肩上がりに学力が向上しており、卒業後には非常に高い水準で就職というのが現状となっています。(海外へ学びに行く際は海外旅行保険を忘れずに・・・)これからわかるように、日々の甘えからくる大学生の学力低下が懸念されています。

また、学部の選び方でも記載しているように、理系の場合ですと、講義の内容が複雑でありその回の講義を聞き逃すと今後に非常に影響を及ぼしてしまうことから、毎回必須で出席せざるを得ないと言ったような状況になりえないからです。
単に友人からノートを借りて模写した程度ではまったかう無意味であり、焼け石に水にも満たないのです。
そんな医学生におすすめしたいのが家庭教師。一対一だからわからないところも徹底的に教えてもらえます。
かといって、自身の将来を左右する大事な学部選びなので、今現在を過ごすためにどちらが楽だとかではなく、将来的にも長い目で見た観点から、または自分の本当に進みたい学部に進むのがベストなのです。 今を楽に過ごすか、これからの将来を有意義に過ごせるかはこの点に絞られてくるのではないでしょうか。

学部選び ポイント メリット 受験の備え


Copyright - 的確・受験NAVI  - All Rights Reserved